スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4弾に望む!!

さてさて、あと勝ち点を1つでも挙げればギリギリ残留が決まります。
そんな無印フリーバイツですが、今の僕がやっているのは「攻撃意識」と「守備意識」による選手のパフォーマンスの研究です。


何となくですが、アンカーに据えているマッローネに守備意識を設定したら空中戦に競り勝ちやすくなりました。マッローネは特殊能力に「マウンテンヘッド」をもっているんですが、これが守備意識のおかげで発動したんでしょうか。

よくわかんないですが、仮にそうだとしたら面白い。
あとはビダルも攻撃意識を設定したら果敢にバイタルエリアで仕掛けるようになりました。一体どんな関係性があるのかはわかりませんが、これからも研究を重ねていきます。



さて、ここからは第4弾に収録して欲しい選手を好き勝手挙げていきます。


まず僕が今使っているユベントス的な雑草軍団ですが、現時点でユベントスのRG選手はDFがボヌッチ,カセレス,ペルーゾ,デ・チェリエの4名しかいません。CBが1人、右SBが1人、左SBが2人です。カセレスは3バックの右にも対応可能な選手ですが、高さが足りません。つまりユーヴェには純粋なCBが決定的に足りません。

個人的にはバルザーリのRG収録を希望します。あとは今夏の新戦力、オグボンナも。ペルーゾはデ・チェと同様に3-5-2の左サイドに使った方が機能しそうなので、3バックはカセレス,ボヌッチ,バルザーリまたはオグボンナで組めたらベストです(キエッリーニもいればベストだけどキエッリーニはRG収録されないだろうw)。

中盤では是非、マルキージオのRG収録を望みます。ぶっちゃけビダルがRGでマルキージオがSTって!?と思っていたのは今や昔w彼を起用出来たらビダルが使えないときには最高ですし、何よりコンボ「アッズーリ」に適応できるのがいいです。

FWはマトリ,クアリ,ジョビンコと揃っているので、敢えて言えばジョレンテにRG収録を希望しているんですが無理にとは言いません。



他にはインテルもよく使うんですが、インテルにも入ってほしい選手がたくさんいます。
インテル所属の選手はMFから後ろが多いんです。FWはロッキしかいません。是非ここはパラシオか今夏の新戦力、イカルディに入ってきてほしい。この2人の共通項はずばり、アルゼンチン人だってことです。クチュやリッキーがいるインテルにとって、アルゼンチン人は不可欠です。

あと是非入ってほしいのがDFのカンパニャーロです。今シーズンから加入した新戦力です。早くも3バックのレギュラーを務めています。

中盤は結構選手が揃っているので、敢えて入ってほしい選手と言えばジョナタンです。現在のインテルで長友と左右のウィングバックを担っている選手です。インテルは左にペレイラ,左右両刀の長友,右のスケロットがいますが、スケロットが守備面で今一つなのであまり使っていません。選手層の面でももう一枚いると便利です。ブラジル人なのでファンとコンボが発動したらもっとハッピーです。


ついでにACミランも。
ミランはあまり使わないんですが、DFとGKが多くてMFが不足しています。
DFも左サイドバックが不足しています。アントニーニが左右両刀なので起用できますが、あとは敢えて言えばMFのコンスタンしかいませんしコンスタンもDEFが10しかありません。なのでここは是非、第3弾でST収録だったデ・シリオのRG収録を希望したい。彼もアントニーニと同様に左右両刀ですが、アッズーリに選ばれた選手ですからね。

他のミランの特徴として、イタリア人が多いことが挙げられます。なのでデ・シリオ以外にもイタリア人に入ってほしいところです。

例えば中盤ではモントリーボのRG収録。或いはこの夏の新戦力であるポーリの収録。そして前線にはこの夏の新戦力、マトリとサポナーラもいますね。マトリは第1弾で過大評価されてた感がありますが、普通に考えてRGカードとしてしか収録されないと思いますし僕的にはOKですw

あと第1弾のエル・シャーラウィなんですがどうにかならないでしょうか?第3弾でパワーアップしたかと思ったらST+だし、今の能力だと強力FW陣も出せないし結構厳しいです。

バロとボージャンが素晴らしいだけに、このままではサブが定位置になってしまう・・・。

あ、あとニアングというFWがいました。よく知りませんがバロのパクリみたいな髪型の選手です。これもRGで入りますかね。


他にもいろいろ放言したいのですが、ちょっと疲れたのでまた後日~w
スポンサーサイト

意外な存在感 マウリシオ・イスラ使用感

どもども。DIV.4でも下位を突っ走っている我々無印フリーバイツです。

弱い!弱いぞ!!

結構スタッツを見ると支配率でも勝てていたり五部だったりするんですが、ゴールが奪えません。或いは守り切れませんww

2トップにマトリとジョビンコを起用していたんですが、特にマトリがなかなか点数が伸びません。
ジョビンコも途中で不調になってしまい、スタメンから外していたんですが代わりに起用したバロテッリがまた全然得点できず。




















おいおいバロ、お前は出来る子じゃなかったのか・・・




仕方なくジョビンコをスタメンに戻して、改めてマトリと組ませています。
しかしまぁ・・・厳しいw
せっかくなので実際のユベントスに合わせた3-5-2を採用しているんですが、思った以上にクロスに対して中央が脆いと思いました。

そんな中でこの漢の輝きが眩いです。

イスラ


マウリシオ・イスラ(チリ代表)です。
元々ウディネーゼで頭角を現し、ユベントスに移籍しました。
怪我に泣いてなかなか活躍の機会がなかったものの、右サイドと中盤センターをこなすユーティリティープレーヤーです。

このゲームではご覧のとおり右サイドを得意とするサイドプレーヤーって感じなんですが、実際に使ってみるとかなり中央に入ってきてルーズボールを拾ったりインターセプトを狙ったりしてくれます。

そこで3-5-2の中盤センター右寄りで起用してみました。丁度シモーネ・ペペの調子が上がってきたこともあり、彼と併用したかったんですよね。


攻守両面における貢献度が高く、意外なところで得点も挙げるのでかなり掘り出し物です。
ユベントスとは関係ありませんが、Aサンチェスとフェルナンデスとの組み合わせでコンボが発動するためこの2人もベンチに入れています。同じユベントスのビダルもAサンチェスとコンボが発動するので、本来ならばサンチェスを入れた方がいいのかな・・・。難しいところですが、イスラがなかなかの掘出し物だったことは間違いありません。

使用感ofユベントス的な雑草軍団

さてさて、何試合かエキシビジョンを経て前回(数時間前)にご紹介したユベントス的布陣も形になってきました。

改めて、これが陣容です。

GKストラーリ
DFカセレス
DFボヌッチ
DFペルーゾ
MFマッローネ
MFアサモア
MFビダル
MFイスラ
MFシモーネ・ペペ
FWサンチェス
FWクアリアレッラ

控えはこちら
FWバロテッリ(SUPER SUB)
FWジョビンコ
FWマトリ
FWフェルナンデス
MFパドイン
DFデ・チェリエ
DFラノッキア

コンボは以下の通り
強力DFライン
守備意識
チリ・コンビネーション
同年代による進攻
ビアンコ・ネロ
アッズーリ
強力FW陣
堅実なクラブ


無印で戦う時のユベントスの大きな欠点として、DFの人材不足が挙げられます。
ユベントスのDFで起用できるのはたった4人。レアカードで収録されているルッシオかキエッリーニかバルザーリかリヒトシュタイナーのうち一人でも起用できればなぁと思うんですが・・・そもそも何でバルザーリまでレアカードなんでしょう?


さて使ってみての感想です。

GKストラーリ
色んな意味で普通。DEF16だし、こんなものかなと。
コンボの力もあるのか良いセーブも見せてくれる反面、ロナウドやファン・バステンのミドルとか止めてほしいシュートを決められることも多い。

DFカセレス
足が速いのがGOOD。守備範囲も広く、結構攻撃でもアグレッシブにプレーする。ボールを持つと結構ロングボールを蹴りやすい。

DFボヌッチ
カバーリングが持ち味のCB。高さもあるしビルドアップのパス回しや前線へのロングパスもあって頼れる存在。ボヌッチからビダルかマッローネに繋がるといい形になりやすい。

DFペルーゾ
DEFの低さが気にならない。元々SBなので足の速さとスタミナ、テクニックも悪くないが前に出過ぎて裏を取られることがある。ボールを持つとアサモアかペペとパス交換をする傾向が強い。ハーフウェーラインくらいまで出てくることが多い。

MFマッローネ
掘り出し物的存在。アンカーの位置で攻守の起点として機能している。守備範囲は狭いが大きなミスもない。

MFアサモア
身体能力の極みという特殊能力だが、スタミナもスピードも普通だが攻守両面で穴がない。ボールを持つと左サイドのペペに振る傾向が強い。

MFビダル
中盤の要。低い位置ではシンプルに散らし、相手PA付近ではドリブルでゴリゴリ仕掛けたりサイドに流れたりする。もう少しミドルを打ってくれてもいいと思うけど、攻撃のキーマン的存在。CKでは直接放り込まずにショートコーナーも繰り出す。特にサンチェスとの連携が冴える。

MFイスラ
右サイドのスペシャリスト…だと思っていたが、どちらかというとバランサー的な存在。基本的にはビダルやサンチェスとパス交換をしつつ、高い位置まで行くとドリブルもする。守備の局面では中に入ってきてルーズボールを拾ったりもする。

FWサンチェス
2トップの一角で使っているが、タイプ的にはウィング。あまり足が速くないが、何となく敵を抜き去ってクロスに持ち込む。中寄りに置いているが、右に開いてビダルやイスラとパス交換からフリーになろうとする。左サイドからのクロスに対しては中に入ってきてシュートを撃とうとする。

FWクアリアレッラ
スピードが最大の持ち味だが、ロングボールに対してポストプレーに入ったり左に開いたりと頑張ってくれる。難しい形でのシュートも上手い。なかなかスピードを活かしたプレーが発揮できないのが残念なところ。


さてさて、彼らはどこまで活躍してくれるでしょうか・・・?

勝てねえなぁ

どうも皆さん、残念なお知らせです。
我々無印フリーバイツ、DIV.4に降格いたしました。

まぁ今シーズンは前半から王子が絶不調だったし、後半に入っても不調のままで更に左のタッディや中盤のフロレンツィも不調。しかも代わりのフォーメーションとして考えていたチームも主軸が軒並み絶不調だった(特にGKとCBに多かった)のが痛かったですね。

て言うか以前から予想していたんですが、ホントにDIV.1から落ちてからというものズルズルと落ち続けていくばかりです。しかもDIV.3に来てからというもの、毎シーズン順位は1桁台で終えていたんですが何の手違いでこうなったんでしょうか。

そんなわけで来シーズンからはDIV.4です。
もしまた王子が絶不調だった場合、どうすべきか考えました。

とりあえずお試しかっ!と組んでみたのがこの布陣。

ユベントス的な

ユベントス基本です。
ただし現在の収録カードではRGでの純正は不可能なので、あくまでスタメンにユベントスの選手が多く入るように心掛けて組んだだけです。

そして見ていただけるとわかると思いますが、MFビダルとFWサンチェスの「チリ・コンビネーション」にMFイスラとFWフェルナンデス(レバークーゼン)を加えたコンボ「同世代による進攻」が今回のウリです。

あとはユベントスの選手ってイタリア人が多いので、コンボ「ビアンコネーロ」,「アッズーリ」の恩恵でちょっとは強くなって欲しいんですよね。

ただまぁ、これでリーグを勝ち抜く自信はねえなぁ・・・w

雑草が雑草であるために

こんばんは!さて31thシーズンも終わりました。
今シーズンは昇格圏と比較して勝ち点差―10くらいではありましたが7位に終わりました。

3位に辿り着けないことがわかってから目標を「可能な限り上の順位に」としたんですが、そこから残り3節全勝。恐るべき雑草軍団です。

今シーズンは後半王子が絶好調でトータル80点くらい取ってくれたんですが、それでも届きませんでした。

正直、毎シーズンうちの連中は頑張ってくれているんですが今の仕様ではかなり厳しいです。


特に直近のアップデートでシェリンガムはもとより、今までパッとしなかったあの伝説のFWファン・バステンまでもかなり強化されてしまいました。WGで起用されてる方もいますが、個人的には点取り屋としての仕事に専念させたらヤヴァイと思います。

そしてあの男達も強化されてますよね。ザ・SUです。

C・ロナウド,メッシ,ゴメスらストライカーに加え、ここ最近はシャビやピルロがエリア付近まで持ち上がってきて強烈なミドルを叩き込む場面にも遭遇します。
















とりあえずね。




















・・・止められる気がしねえww

今まで無印フリーバイツでシーズン80得点した選手なんて一人もいないんですが、うちの王子がそれだけ頑張ってくれても昇格できない。

ううむ、壁が厚すぎるぜ・・・w


そんな王子は今シーズン、よっぽど腹に据えかねたのか絶不調になってしまいました。それでも使ってみましたが、得点のペースが明らかに激落ちしてます。
仕方ないので今シーズンは王子の機嫌が直るまで編成を変えようかと画策中。


さて、どうなることやら・・・w



ぶっちゃけシーズン終了直後はバンディエラのトッティを購入して投入しようかと思ったんです。ローマ純正がバンディエラの力でさらに能力アップするわけなので、間違いなくチーム力の底上げになるはずです。

バンディエラのトッティはヤフオクで2000円くらいでした。

・・・買える、買えるぞ!!


思わず落札に手を伸ばす俺。















ま、待て・・・


ふと、立ち止まりました。

何を迷ってるんだ!?
ただでさえピヤニッチ,フロレンツィ,タヒツィディスの中盤3枚とラメラ,タッディの両翼はビッグクラブ相手にも機能しているし、王子もゴールを量産している。

それがバンディエラの力でさらにパワーアップするんだ。いい結果が出ることは間違いない!


(以上、悪魔の声)



いや、よく考えろよ!
仮に今のチームにバンディエラを加えて勝ったとしたら、それってチームに足りないのはレアカードだったって話になるぞ!?
それってお前の望むことなのか?RGカードでレアカード揃いのチームを倒すことこそ楽しみだったんじゃないのか!?

(以上、天使?の声)











・・・そうだな。それじゃ俺が無印フリーバイツを作った意味がねえだろう!!


結果を求めるあまり、大事なことを見落とすところでした。

やっぱりそこだけは踏みとどまらないとな!

まぁ~それだけに、この雑草軍団で結果を残せたらホントに嬉しいんですけどね。応援よろしくお願いします!^^

声にならないほどに苦々しい

さて、カップ戦決勝トーナメント1回戦でした。

恐ろしいほど順調に僕らはGLを突破できたんですが、決勝トーナメントになった瞬間に夢がぶっ壊されました。

1回戦 1st-Leg(ホーム)























スコア1-8


うぇ!?
今日も仕事だったのでリアルタイムで見られなかったから結果を先に見たんですが・・・





なんじゃこりゃ?

と目を疑いました。
我々無印フリーバイツもGLの第2節でアウェーにもかかわらず0-7と爆勝したことがあって、それは何かの事故だと認識していたんですが・・・











まさか俺がそれをやられるとは・・・


スタッツを見ると、撃たれたシュートは9本。

つまり、ほぼ全部のシュートがゴールに突き刺さったわけです。



そんな大惨事の立役者はずばり、あの男・・・























テディ・シェリンガム


8点のうち7点を叩き出した変態恐るべきストライカーです。しかも今回対戦した相手は5枚重ねてました。メチャメチャつえぇ・・・。


この時点で僕のカップ戦は終わりました。

あとは2nd-Legでの散り方を考えまして。せっかくだから一矢報いたい。敵わぬまでも一太刀浴びせたい。

そんなわけで2nd-Legはカナリヤ軍団all(無印)を止めて、もう一回サントス純正(無印)で挑むことにしました。このチームは何か可能性を感じるチームだったので。


そして迎えた2nd-Leg

















0-4の敗戦・・・。


今回は9本撃たれて4失点。



しかし俺らは2本しかシュートを撃てず・・・orz

今回も天災「テディのハットトリック」が炸裂。

まぁ前回は「テディのダブルハットトリック」だったんだけどな。













・・・あのな


流石に俺も言うよ。




リアルな話、1試合で7点も取る奴いるか!?
っていうかホントにシェリンガムこんなすごい選手だったら、とっくにバロンドール獲ってるだろうよ!!




とりあえずね、シェリンガムは本当に修正入れて下さい。

ルールの範囲内だからシェリンガムを使うプレーヤーがいること自体は全然問題ないんですが、これはちょっとねぇ・・・。

リーグでもいい調子で勝ってる!って時にうちを叩きのめすのは大体シェリンガム大先生です。是非、運営側にはゲーム内でのバランスを今一度チェックされることを希望します。ヨ・ロ・シ・ク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。