スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強力な1トップ



こんばんは、かおるです!

こちらが金曜朝からの我々無印フリーバイツです。
これまでのローマ純正から一転、ブンデスとチェルシーで組んだチームとなりました。

ポイントはミュラー,シュールレの2名。彼らはともにMFで起用するとコンボ【前線とのローテーション】が発動します。また、ギュンドアンは控えにエムレを入れておくとコンボ【規律に加える小粋なセンス】が発動。あまりに当たらないためヤフオクに手を出してやっとゲットしたイバノビッチはDFスボティッチとコンボ【攻撃を潰す】,MFラミレスとコンボ【バイタルチェック】が発動します。

おなじみのダンテとグスタボでコンボ【カナリア色の門番】もあって、GKバイデンフェラーとDFラーム,FWロッベン以外はみんなユニットを形成しています。

当初は絶好調のロイスをミュラー,シュー蔵とセットにして2列目を形成した4-2-3-1でした。1トップはゴメさんを入れていたんですが、壁にぶち当たりました。























まず困ったことに、ロイスが活きない。トップ下だと無難なプレーに終始するし、サイドに置くと代わりにトップ下にする選手がいない(ミュラーもシュー蔵もテクニックが低い)。
また、ロイスはこのメンバーだと誰ともコンボが発動しないという致命的な欠点を抱えているのがデカかったですね。そんなこんなでグスタボをアンカーに置く4-1-4-1的なシステムに変わりました。ロイス、すまん。近々お前のベストポジションを見つけさせてもらう。


また、ゴメスもいまいち機能しませんでした。継続性に欠けるというか。スピードも高さもあるので、結構得点の匂いはするんですけどね。そこで思い切って抜擢したのがロッベンでした。

彼は登録はMFなんですが、なんと強力〇トップのトリガー(発動させる選手)になっています。ていうか、どう見てもロッベンはFWでしょw残念ながらMFじゃないよ。今シーズン好調だったし、スーパーサブ時代サイドで途中出場してゴメスに良いクロスを供給していました。FWにしたらどうなるか・・・。ある意味賭けでしたが、抜擢した直後の試合でいきなり2ゴール。


賭けに勝った私は調子に乗って自分の采配を信じて、以後ずっと彼を起用しています。

現在、勝ち点37の12位。昨シーズンはほとんどずっとボトム3でしたから、望外な結果を得て驚いています。

個々の寸評もと思いましたが、それはまた後ほど・・・。

残留できるよう、応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト

一番きれいな色って何だろう、一番光っているものって何だろう

浅田真央様


俺は、演技が終わった瞬間に見せたあなたの涙は悔しさだと思いました。

「こんなにやれたのに、何でSPで・・・」という後悔だったんじゃないかと。


でも、違いましたね。俺は自分が恥ずかしいです。





「今回のこのフリーは、しっかりこの4年間やってきたことができた。そしてたくさんの方に支えてもらったので、その恩返しもできたと思います。」




物凄いプレッシャーと戦いながらこの日を迎え、そしてSPでミスをしても試合を投げず最後まで攻め続けたように俺には感じられました。

「彼女は諦めてないんだ」

画面越しにそれが伝わってきました。もうホントに、年齢とかそういうの一切無視して彼女を尊敬します。
同じくらいモーグルの上村愛子さんやレジェンド葛西も尊敬してます。


でも絶対に確率的に無理だと言われ、「敗戦」とか「惨敗」的な論調の中で最後まで戦い続ける姿勢に感動しました。

4年後は考えられないそうですが、3月の世界選手権には出るみたいですね。

SPの直後、俺は「4年後まだ27だし、燃え尽きるまで挑戦したらいいじゃん」とか職場で無責任なことを言っていました。でも、フリーの演技を観ていたら「これからは無用なプレッシャーから離れてのびのびと生きてほしいな」と強く願いました。


どんな道を進むにしても、僕は次の浅田真央さんの人生を応援したいと思います!
そしていつか「ありがとう!」と伝えられる機会があったらいいなぁ・・・。

すったもんだ(アプデとかメンテとか)の末の迷走

こんばんは、かおるです!

さて05が発売されてずいぶん経ちますが、未だにイヴァノビッチが当たりません。


結構好きな選手だし、ラミレスとのコンボは非常に興味深いので是非欲しいんですが・・・。


代わりに、と言っては何ですが同じポジションのインテルDFカンパニャーロもなかなかの使い勝手です。GKのハンダノビッチとコンボ出ますし、元々DEFが17もあるので。

また、我らがローマ純正ではDFベナティアも良いですね。DEFの高さはローマDF陣最強ですし、上背もある。何よりFWデストロとのコンボでデストロが良い動きを見せてくれます。





いやいや、ベナティアも良いんですよ!
前に出てのパスカットが多いように見受けました。空中戦も当然のように強いですよね。

一方デストロは右サイドからガンガン突破してクロスを入れたり、逆サイドからのクロスをシュートしたりと活躍中です。



でもね・・・。

























リーグ戦、ここまで35試合で勝ち点24で18位。



おかしいだろ、その前のシーズンまでは勝ったり負けたりしながらも残留自体は比較的余裕で決めていたのに。
トップ10にも入っていたんだぞ?

12日のアップデートで一気に僕の中ではバランスが崩壊しました。
まず、シュートに持ち込めない。

サイドを突破するところは結構うちのタッディやデストロ,イニエスタなんかもよくやってくれるんです。

問題はそこから。全くシュートが打てません。だから1試合にシュートが2,3本とかばかり。相手GKはノイアーとかカンポスとかジジ・ブッフォンとかイケルなわけです。






















点入るわけねえじゃん


しかも、ポゼッションで相手を押し込んでクロスまで持ち込んだと思ったら大抵その先に待っているのは超強烈なカウンターからの失点です。

サイドを単独で突破されると、こちらはSBも攻撃に参加しているので完全にフリーなわけです。ちなみにSBの攻め上がりはどうやって制限するのかわかりません。また、フリーバイツはSBも攻撃に加わらないといい形になりません。必然的にCBはサイドに釣り出されて、ゴール前は相手FWとうちのCBで1対1になっています。

しかも中央で待ち受ける相手のFWは、十中八九シュートを枠に飛ばすわけです。

運が良ければ止めますが、これを1試合に何回か打たれたらそりゃ失点しますよw



正直、どうにも解決策が見つかりません。
DIV.4に落ちても、多分「仕方ないか」と切り替えられると思います。でも、今はギリギリのところなので何とか粘りたいと思います。来シーズンはまた大変なんだと思いますがw






ただね~これ別に商業的に仕方ないんだろうけど、せめて前のAIみたいに、RGにもシュートくらいは撃たせてもらえないかな。かつて元日本代表MFのキーチャンは「シュートを撃たなければ点は入らない」と語ってたけど、撃てねえんだから絶対点は入りませんww


今のままじゃ戦う前から負けが決まっている感じです。
もう少しでいいんです。RGに敬意を払って。あんたたちが作ってるカードだよ、磐梯山!?

よっしゃ、02-03カップ!

さて、こちらが現在リーグ戦を戦っている我らが無印フリーバイツ。

140207リーグ用

左サイドハーフのタッディが不調だったこととカスタン・ブルディー・マルキーが軒並み好調だったこと、何よりベナティアとデストロのコンボを試してみたかったことがこのフォーメーション決定の理由です。


実質センターバックを4枚並べたこの布陣は、強固なDFラインを発動させられるのと中央2枚がユニットになっているのでまずまずの強度です。


・・・あ、ユニットというのはフレンドの方がブログで命名されていた「特定コンボが発動する組み合わせ」のことです。カッコいいのでそのままパクらせていただきました。

ただし高さではベナティアが圧倒的なので、ブルディーをSBに回してもいいかなと思ってます。そうするとブルディーはスタミナが足りないので、それはまた悩むところですが・・・。


3枚になった中盤ですが、基本的に役割が変わっていないので特に変化した感じはありません。
ラメラの位置にこれまではタッディがいたわけで、ラメラの突破からクロス→王子が叩き込むorファーに流れたところをデストロが押し込むパターンがメインです。こぼれ球はミレ(ピヤニッチ)が結構な確率で拾ってくれるのが大きいですね。
ラメラも不調なんですが、まぁそこはw正直、タッディとラメラとどちらをサブに回すか結構悩みました。結果的にラメラが活躍してくれているんでOKです。控えには右WGのNロペスと左WGのリャイッチがいます。FWの層の薄さがネックでしたが、やっと解消された感があります。

1本試合を観ましたが、ラメラは左の方が活きるのかな?と思いました。得意エリアは明らかに右なんですが、利き足の関係なのか左クロスの方が味方に合います。
右のデストロはラメラほどボールに関わりませんが、結構幅広く動いてくれます。どちらかと言えば球離れがいい選手ですね。左右でタイプが異なり、面白いと思いました。


で、これはデカいなと思ったのが









FW陣の前プレス




相手DFにラメラが寄せ、出たパスにフロレンツィがプレスをかけて後ろに下げたところに王子!
おお~本物っぽい!と思わずニヤソ( ̄▽ ̄)個々の力では勝てませんが、うまく連動して守ってくれます。そしてデストロはFWのくせに守備力が高いんです。前からしっかり守ってくれると、後ろはまずまずの堅さだと思うので少しは安心して観ていられます。特にカスタンとベナティアはクロスを跳ね返す頻度も高いですし。



さて、そんな私がSRで立ち上げられたカップ戦用の研究エキシビ杯に登録したメンバーがこちら!

140207カップ戦用


いや~~、RG使いを代弁して言わせてください。












RGでコスト縛りはきついって磐梯山!!!!!wwww


能力の高いRGって基本的にコスト6以上ですよ。リーグ戦のメンバーでいうと、ラメラもデストロも控えのタッディもコスト7ですよ!?Nロペスだってペッロッタだってコスト6・・・。これはキツイw
とりあえずこうなりましたが、果たしてどうなるか・・・。




まぁ、調子変動とか色々あるからこの布陣も変わるでしょうけどね!
でも出来たらコスト制限は勘弁してほしいなぁ・・・w

筆不精なう

皆さん、こんにちは。ご無沙汰しておりましたが、私は元気です。

さてさて世間ではPFL 2014-01が発売され、ジャイアントキリングカップも進んでおりますね。


私が率いる無印フリーバイツは、ジャイアントキリングカップの予選こそ突破したものの決勝トーナメント1回戦であっさり0-5で負けて敗退しました。

このカップ戦は明らかにおかしくて、実力差がどう見ても全然ないはずなのにうちが10-0で勝ったりとかありました。予選リーグはそんな調子であっさり勝ちぬけたんですが、非常に居心地の悪い予選リーグでした。


で、仕事の忙しいタイミングで決勝リーグ。気付いたら負けていて、何も思い入れのないカップ戦となってしまいました。
まぁ、そもそも漫画のカードを入れなきゃいけない時点で僕のテンションは結構落ちていたんで、今はもう切り替えています。次々ってね!


さてさて、新AIにも触れなくてはいけませんね。
今までに比べてリアルな結果になったかなと思いました。

いや、カップ戦は無視です。リーグ戦のフリーバイツを観ていてそう感じました。これまではリーグで0-7とか萎えるスコアで負けることが多かったんですが、0-0とか1-0とか渋いスコアが増えました。

同時に増えたのが、ドローとオウンゴールです。
特に90分にオウンゴールで同点に追いついた試合がすごく多くなりました。結果としてフリーバイツはSUNRISE LEAGUEのDIV.4をしぶとく戦い抜き、最終節で4位から上がって3位でフィニッシュ!DIV.3はこれまでDIV.1にいて上位争いをしていたチームとかもゴロゴロしていて、正直なところいつ落ちてもおかしくない戦場です。

それでももう一度DIV.1に上がって雑草軍団の力を知らしめたい!そんな思いでやってます。



さて、ここからはちょっと核心に触れていこうかと思います。2014-01という名前で第5弾が発売されたわけですが。



















何でPFL05じゃいけなかったんでしょうか。

カップ戦のレギュレーションには2013発売カードの枠もありましたが、いずれ使えなくなるようなら間違いなくすべてのユーザーを敵に回しますよ磐梯山!?
僕は今でも2013-01のタッディやミレ(ピヤニッチ)なんかを愛用しているので、どうにかそこら辺は使い続けさせてほしいなぁ。確かにシュールレとかチアゴ・アルカンタラ,ゲッツェみたいに所属チームが変わってる選手もいれば、ビジャみたいにPFLに出ないチームに移籍した選手もいるし難しいところですけどね。

しかも2014-01発売後に次々と収録選手がPFL外のチームに移籍していくではありませんか。

ポスチガ,グアルダード,パボン,イカルディ,ザハ・・・。

磐梯山の呪いサッカー界の移り変わりって恐ろしいですね。

あとね、俺思うんですけど・・・。






















何でジョージ・ベストがプレミアムレジェンドなんですか?


いや、ベストのプレーを観たことがありませんし偉大な選手であることは聞かされていますよ。ギグスやロナウドが彼の再来だと言われていましたしね。


でもさ、








ワールドカップを掲げたマラドーナや、神様ペレやマドリーの名誉会長ディ・ステファノも候補にいるんですよ!?


正直、何を根拠にこの人選なのか教えてもらいたいもんです。




もう1個付け加えるなら、




















メッシのLiving Legendはどうよ。


いや、メッシは偉大な選手ですよ。でもね、彼の伝説はまだ途中じゃないですか。「生ける伝説」と呼ばれるべき選手っていえば間違いなくこの3選手じゃないですか?

・ギグス
・サネッティ
・トッティ


いずれも長い期間第一線で活躍し続けてます。特に3人ともクラブで絶大な存在です。トッティとサネッティはグランデ・カピタンだし、ギグスは生え抜きとしてマンUでデビューし40過ぎてもまだ現役。

もはやリスペクト以外言葉が思いつきません。

彼らこそ、サッカー界の生ける伝説なんですよ。メッシは彼が30半ばとかになってからでいいじゃないですか。


他にもツッコミたいことが山ほどあるが、とりあえず今回はここまで!

現在2014-01をパックで幾つか購入しました。個人的にエル・シャーラウィやギュンドアンの再収録は嬉しいですね。パワーアップしてるし、2013-01の能力じゃちょっと使いづらかったので。

明日も3パックくらい購入しようかな・・・。

ギュンドアンとコンボになるエムレが欲しい今日この頃です。ではまた・・・。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。