スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君が生きるのは1列後ろ

皆さんこんばんは、かおるです!
大方の予想通り、我々無印フリーバイツはD4に降格いたしました!昨シーズンは調子変動後にベストの組み合わせを見つけられなくて、結局そこで落とした勝ち点が響きましたね。
しかし、昨シーズンはマンユーとチェルシーを中心に組みまして一定の成果を挙げられました。これまで使ったことのなかったケーヒルやクレバリー、ジョーンズらの活躍は嬉しい発見でしたね。

マンユーの選手はこれまであまり使ってこなくて、ルーニーも昨シーズンが殆ど初めての起用でした。センターFWにはチェルシーのフェルナンド・トーレスが好調だったので、その後ろでトップ下としてパサー開眼!👀アンカーのジョーンズや右インサイドに置いたクレバリー、右アウトに置いたバレンシアとの絡みからアシストとその手前で活躍してくれました。

で、ここからが本題なんですが。
皆さんも経験ありませんか?どう頑張っても全く活躍させられなかった選手を諦めたこと。

僕はそんな経験ばっかなんですが、このマンユーとチェルシー中心に組んだときにこいつをどうにか使いたかったんです。



そう、ロビン・ファン・ペルシです。
言わずと知れたオランダの点取り屋。フェイエノールト時代はウイングでしたがアーセナルでFW開眼!👀マンユーに移籍した一昨シーズンは、それによってファーガソン監督にまさかの香川システムを放棄させた選手です。

ゲームでの能力は
OFF17
DEF8
TQ16
SP15
ST14















…まあね、RGだしね!ちょっと微妙というか中途半端な感じだけど仕方ないよね!!

そんなんでもネームバリュー的なものに期待して、割と頻繁にFW起用してきたんですよ私。ところが期待を裏切る裏切る!


もうね、全然得点しないんです。RGだし仕方ないかなとは思うんですが、観てても何か覇気がないというか…( ;´Д`)すぐボールとられるしシュートは少ないし、たまに打っても入らないし…



おめぇやる気あんのかよ!?




何度画面の向こうに毒づいたことでしょう。好転したことなど一度もありませんが。

でね、そんなときある情報を得たんです。


RGペルシーはMF登録すると、なんとコンボ【銀色のカルテット】のトリガーになる!と∑(゚Д゚)


マジかよ!
確かにフェイエノールト時代は監督にトップ下やらせろと我儘を言って外されたこともあったと聞いています。若気の至りってやつですね。到底想像もつかないけど…。


つまりね、PFLで彼の持ち味はパスなんですわ。勿論、ST+ペルシーは結構得点力あると思うんであくまでRGペルシーの話ね。


で、実際組み込んでみました。
当初はダメ元でフェルナンド・トーレスとのツートップ起用。改めて観ると、サイドに展開するパスに光るものがあったんです。

おお、こいつマジで行けるかも

と期待して(その試合は負けたが)、次の試合からルーニーと並んでダブルトップ下起用!

3ー4ー2ー1的な形になり、2の右に入ったペルシーは右アウトのバレンシアをうまく使ってくれて。これまでは左がメインだった攻撃が、右からもチャンスメークできるようになってまずまずの勝ち点を重ねています。
この布陣に落ち着いてからは首位とも引き分け、3位のチームに勝利!まさかのMFコンバートで機能し始めたRGペルシーと共に、来シーズンはもう一度D3を目指すぞ!
スポンサーサイト

遥かなるD3

皆さんこんにちは、かおるです。
SUNRISE LEAGUEは87thシーズンを迎え、我々無印フリーバイツはなんとDIVI.3を闘っています!

実は2シーズンくらい前から結構いい感じに勝ち点を重ねられるようになり、そしてそれが昨シーズンの躍進につながりました。なんとDIV.4を2位でフィニッシュして見事昇格。これまではほぼ毎シーズン青枠で、脱退するチームが幾つかあってその関係で首の皮一枚繋がり続けてきたDIV.4でしたがまさかの展開。
ぶっちゃけ、いくら勝っても「そのうち負け続けて順位も下がる!」と確信していましたが・・・。自分が一番驚いています。

で、現在はD3で予想通り青枠街道を驀進中です!

いや~強い強い。流石にここまで来ると厳しいです。今までもD5から這い上がってD3までは進めましたが、そこで差を見せつけられてきましたからね。まだ半分も行っていませんから、最後まで粘ってみます!応援よろしくお願いします!

さて、これが現在の布陣です。



D4時代は3-4-3で、3バックは右からバルザーリ,チアゴ・シウバ,ダンテ。中盤はチアゴ・モッタとラミレスがドイスボランチで、その前にクロースとキャバイエまたはビダル(01ver)でした。FW3枚は当初左にラベッシを入れていましたが、途中からこの形になりました。GKはブッフォンとノイアーの調子いい方を起用していました。
このチームの肝は、FWカバーニの作戦【パリ式サイドアタック】です。これを発動すると攻撃意識が両サイドに入り、守備ではプレスを発動させます。3トップのウィングにカバーニを入れていれば使えるのですが、実際の試合では左サイドのラベッシやリベリーがアシストしまくり、カバーニは忘れた頃に時々得点する選手になっています。

このゲームの仕様なので、左サイド偏重は仕方ないのかな。
それでも中央のイブラが左からのクロスに持ち前の得点力を爆発させ、昨シーズンはD4で得点王+MVPに輝きました。

ここにカバーニがうまく絡んできたらなぁと思うんですけど、まぁ仕方ないですね。

今シーズンは全く勝てなくなったので、思い切って4-3-3にしてみました。

加えて、この布陣を見ていただくとわかると思うんですがピッチの右半分はPSGメン,左半分はバイエルンメンで固めているんです。あとバイタル付近はブラジル人で固めました。

国籍コンボとチームコンボの意味がわからなかったんですが、恐らくは選手間のパス回りの良さとか守備での連携とかに関係があるだろうと予想。本当なら左SBもバイエルンの選手にしたかったんですが、適任がおらずV・D・ヴィールとユニットになっているマクスウェルを使っています。ブラジル人ですしね!

結果が出るかどうかはわかりませんが、ここまでリベリーとイブラは期待通りの活躍を見せています。またキャバイエも目立たないながらいぶし銀の輝きを放っています。



最大の問題は今宵の調子変動ですね。だってイブラの代わりなんかいないものw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。