スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03について思うこと その1

さて、29thシーズンが終わりました。
我々無印フリーバイツは勝ち点52の9位。何とか3シーズン連続でtop10以内に入ることができました。

まぁ、目標はあくまで昇格ですから失敗のシーズンだったと思えるかもしれませんが・・・。今シーズンはtop3の実力がかなり高くて、4位以下と勝ち点10以上差をつけて昇格を決めていたため仕方ないかなと思います。

我々はどうかというと、ローマAll以外の組み方が全然定まらなくてローマAllに結局は頼ってしまうシーズンでした。
現在のチームは変則的な4-3-3(数字上は4-4-2になっている)で、肝は中盤センターの3枚。タヒツィディス,ピヤニッチ,フロレンツィによる攻守に渡る貢献度の高さなんですが、当然うちのセンター3枚よりも質の高い選手やチームと戦った場合に苦戦が免れないんですよね。その時に違う組み合わせがあれば、もう少しいいシーズンになったかとは思うんですが・・・。


それも含めて来シーズンへの課題としたいと思います。
今のところ考えているのは、BVB・バイエルン&ドイツ代表(4-2-3-1),ボカ・インテル&アルゼンチン(3-4-3か3-5-2),マドリー・PSG&フランス(4-4-2中盤フラットか4-3-3)です。全部違うフォーメーションなのがキーですが、まぁ全ては選手です。調子のいい選手を中心に、勝ち進んでいきたいですね。

現時点ではトッティさえ好調ならば間違いなくローマAllで戦うつもりですが!w


さて、ここからは今シーズンを振り返りつつ今シーズンから導入された第3弾について好き勝手に書き連ねていきたいと思います。


①新レアリティについて

第3弾から導入されたポイントとして、やはりレジェンドとバンディエラは外せないと思います。既存の選手以上の力を持つとされるレジェンドと、同じクラブ所属選手の力を高められるバンディエラの登場。

僕的にはどちらも全く不要です。

気を悪くされた方がいたら申し訳ありません。ぶっちゃけ、持ってるチームと持ってないチームの格差が広がるだけだからいらないと思います。

第3弾発売前、僕が所属するSUNRISE LEAGUEの掲示板では「レジェンドカードのファン・バステンとバンディエラカードのアンブロジーニによってファン・バステン無双状態になるんじゃねえのか。スーパーカードのバロテッリも凄そうだしミランやばいんじゃないのか」という意見がかなり出ていました。

ところが実際に発売されると、とんでもないことが判明しました。

































驚異のテディ・シェリンガム無双


あのマンUが三冠を達成したシーズン、CL決勝での「カンプ・ノウの奇跡」を実現させたストライカー。SUNRISE LEAGUEの各DIVでも得点王ランキングに名を連ねています。

すごいのがPA内での決定力でしょう。まず彼がPA内でシュートを打つと枠を外しません。よしんばGKがそのシュートを止めても、ほぼ確実に詰められて叩き込まれます。我々無印フリーバイツが戦っているDIV.3でもシェリンガムと対戦する機会は多いんですが、毎試合必ず彼に点を取られています。

逆にファン・バステンは、ほとんど記憶にありません。1回くらいファン・バステンを使っているチームにハットトリックを許して負けたことがありますが、うちのRGトッティと比べて格段に上回っているとは思えません。



これ、どうなんでしょう?

シェリンガムって、当時のマンUではFWの3~4番手だったんですよ?
ヨークとコールの“ホットセット”がファーストチョイスで、控えには“ベビーフェイスの暗殺者”スールシャールがいました。え、そこまで!?ってくらい今のシェリンガムはバランスブレイカーです。まだファン・バステンにやられたら納得できるんですけどね・・・wっていうかレジェンドってそのくらいの選手を指すんじゃねえのか??

一方でシェリンガム以外のレジェンドカードはそこまで猛威をふるっていません

ファン・バステンは前述のとおり。ロベルト・カルロスはSBというポジションの問題なのか、そこまで圧倒的な存在ではないし・・・。フィーゴは素晴らしいセンタリングからアシストを記録しているチームもあるんですが、むしろクリロナの覚醒剤としての存在価値を評価されている感が否めません。

負け惜しみじゃないんですが(この時点で負け惜しみ確定w)、やはりシェリンガムについては修正してほしい・・・。ゲームとか云々以前に、一人のサッカーファンとして納得できないかなと。



あとはバンディエラ。
これ、何のためのカードなんでしょう?
選手によってはスキル【キャプテンシー】とか【ホーム○】とか【サポーターの声援】とか、文字通り【バンディエラ】を持っています。これじゃダメなんですか?

あと、バイエルンのラームは現チームの主将でバイエルンの下部組織出身ですがブレイクしたのはシュツットガルトです。慌てて買い取ったのがバイエルンで、これだったらずっとバイエルンのシュバイニーのほうがバンディエラ向きです。

それとアンブロジーニ!彼は昨シーズン、モントリーボやデ・ヨング,ムンタリ(そういえば未収録だ)などにポジション争いで敗れて控えだった選手です。全盛期はミランがピルロシステムを採用していた時ですが、この時もピルロやセードルフやガットゥーゾの控えでした。

ACミラン所属歴の長さと当時主将だったことでそうなったんでしょうけど、ちょっとねぇ・・・。

トッティ,プジョルは納得の選出なんですが、それなら何故サネッティでなくてアンブロジーニなんだ!?


新しいレアリティについて僕は不満しかないため、読んでいて不快になられた方がいらしたら御免なさい。
他にも書きたいことがいくつかあったので(コストとか)、次回に書きまーす^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。