スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モラ太くんとクル吉くん

フォメ131203

現在、無敵艦隊ALLで戦っております。
やはり中盤の選手のTECが低いとなかなかボールを前へ運べず、また最終ラインの選手の守備力を考えるとアッズーリよりもラ・ロハだったわけです。


このチームのキーマンはずばり、ボランチのブスケッツです。MFとしては破格のDEF17を誇るこのボランチは、かなりの頻度で相手を中盤で止めてくれます。パスカットやルーズボールカットもありますし、単純に相手から奪い取るプレーも目立ちます。





・・・まぁ、実際そこまで守備的な選手なのかどうかは僕にもわかりかねますがw


2列目ではイニエスタとチアゴ・アルカンタラについては想像通りのテクニシャンぶりを魅せてくれていますが、意外な掘り出し物としてトップ下のカナレスが機能しています。


もともとラシンの下部組織から上がってきたのだったと記憶していますが、19歳かそこらでマドリーに引き抜かれた大器です。無論、モウ監督の下ではエジルがいたために出番を失いバレンシアに移籍したわけです。

得点力とパスセンスに定評のあるレフティで、僕が敬愛しているグティの後継者と呼ばれていた時期もあります。























もはやそれだけでスタメン確定です。

そんな監督の依怙贔屓大抜擢に応え、ここまではバルサ勢に決して埋もれることなく頑張ってくれています。

何よりOFFENCEが16あるのが大きいんだと思います。ペナルティエリア内でもプレーできますし、現実同様得点に期待しています。元々イニエスタをはじめアシストには事欠かないチーム体制ですからね。





さて、問題はリアルスペイン同様にFWです。

まず、このゲームでスペイン国籍のセンターフォワードが少ない!

バルサのビジャはレアカード、ペドロとテージョはウィンガー。バレンシアのソルダードはレアカードでホナタンはウィンガー。


つまり、残っているのはこの2人しかいないんです。




そう、マドリーのモラタとミランのボージャン・クルキッチ!










モラタはOFFENCEが14。ううむ・・・2列目に入るMFの誰よりも低いんですけど??
ボージャンはOFFENCEが16で他の能力もなかなか高いんですが、いわゆるレアカードの選手と比べた場合に力不足が否めません。





しかし、こいつらしかいない!!
ユーティリティープレーヤーのセスク・ファブレガスが不調ってこともあり、この2人に敢えて拘ることにしました。というのも、モラタはMFのチアゴ・アルカンタラとコンボが発動するんですよね。調子もいいし、とにかく金曜まではこいつらに託そう!と。


ボージャンもバルサ勢とコンボがあればよかったんだけど、まぁ仕方ないかな。
開幕3連敗でおぉふwって感じでしたが、何とかそこからこの2人の活躍で2連勝できました。




今後も半人前なモラ太くんと未完の大器クル吉くんの活躍を祈りつつ、早くRGカードが評価される日が来ないかなと心底願ってますw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。