スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

67thシーズン終了!

こんにちは、かおるです。
SUNRISE LEAGUEが新SUNRISE LEAGUEに変わり、最初のシーズンが終わりました。
僕からするとこの二つは繋がっているので、67thシーズンと呼んでいます。

前回の日記にも書きましたが、幸か不幸か我々無印フリーバイツはD1に配置されてしまいました!思えばSUNRISE LEAGUE発足当時もD1からスタートしましたね…。あの頃はさほどカードパワーに格差が無かった(そもそも論で言えば、LEもQRAもBANも無かった)から、我がチームは毎シーズンただただジャイアントキリングを目指していました。いい時代でした(笑)
その後、D2に落ちてからは何シーズンかに一回必ず勝てなくなるシーズンがやってきてD5まで転がり落ちました。

仕様なのか?

何とかD3まで上がったものの、そこから先へは進めませんでした。引退までにもう一度D1に…!とは思っていましたが、現実的に無理だなあと諦めてもいました。60thシーズンくらいからはもはや無欲の僕で。







…まあ、回想はさておき。



期せずして再びD1に戻れた僕としては、まず一発で降格することだけは避けたかった。それは僕をSRのレジェンドと呼んでくださる方々にも失礼だし、何とか意地を見せようと必死にチームを編成しました。


結果、勝ち点31の8位で見事残留!(14チーム中)
中位を維持できたのは、中盤を【守るための場所】にしたからでしょうか。ダブルボランチにグスタボとチアゴ・モッタを置き、その前にラミレス。3FWにロッベン,イブラ,リベリーを並べて完全に個の力でカウンターを狙うチームにしました(笑)


DFラインにはイヴァノビッチとビディッチ、ダンテとチアゴ・シウバを起用して
鉄壁のDFラインを形成。GKはノイアーで調子変動後にディエゴ・ロペスを使いました。

結果、堅い中盤の選手達が奪ってすぐ前に繋ぎロッベリーがサイドを破ってイブラという形が出来上がりました。途中でイブラとリベリーが離脱しましたが、ロッベンが好調で幾つか勝ち点を上乗せしてフィニッシュ!

ホッとしました。こうなるとやはり、もっとこのD1に残っていたくなりますね。

迎えた68thシーズンもなかなか苦戦してますが 、皆さん応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。